SSブログ

江戸東京博物館 [子どもとお出かけ]

世界史受験のため、日本史音痴となっていた自分であったが、最近甲冑家紋おたくとなってきたコウシの影響もあり、もう一度きちんと日本史の勉強をし直そうと、初心者向け本を手に取り学び始めた。コウシに武将の名前を書かされ、家紋や甲冑を調べさせられているうちに、ようやく遅まきながら日本史の魅力を理解しだしたところ。

で、武士が見たーい、昔の日本が見たーいと叫ぶコウシも連れてGWは両国の「江戸東京博物館」へ。特別展の「真田丸」は大混雑だったが、常設展はほどよい来館者数、江戸時代から戦後東京まで、さまざまな展示がされていて、意外にもとても面白かった! 大昔だと思っていた江戸時代も、現代の日本社会の文化的基盤となっているのがよく理解できたし、明治~昭和初期の展示では、祖父母の生きていた時代に思いを馳せることができた。最後は90年代の展示となっていて、なつかしのiMacまでが! ウータンがうけていたのは、80年代の「竹の子族」やボディコン服の展示。各時代の家の実物大模型などもあり、人力車や神輿を体験したり、寄席や大道芸のようなものまで行われていて、大人から子どもまでが楽しむことができた。600円と常設展の入場料は安いので、近くに行ったときにはぜひおすすめ。

IMG_2285.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

グリコ工場見学 [子どもとお出かけ]

グリコの工場見学へ、桶川の方まで行ってきた。
予約は何か月か前からかネットで。日曜やっているお菓子工場は少なく、とても人気があるようで、土日はすぐに予約いっぱいになってしまう。圏央道もつながったことで、アクセスも各段によくなったと思われるこちらの工場、期待感いっぱいに行くと、いるわいるわ子連れファミリー。お菓子といえばワクワクするのが子ども、同じ工場見学でも子供たちは楽しそう。

で、内容のあらましは、というと、牡蠣に含まれるグリコーゲンという栄養をいかに創業者の江崎利一がキャラメルに加え、栄養価のすぐれたお菓子を作って売り出したか、というグリコの歴史説明→工場見学→クイズバトル→展示物鑑賞という流れ。最後に希望者(小学生以下のみ)は500円でデコポッキー体験。

 上記体験、コウシがやりたいというので、参加させてみたが、ビッグポッキー2本にチョコペンで星型の飾りなどを付けるというシンプルな体験。そこに500円の価値を感じるかは人それぞれだとは思うが、他の工場の多くではこの程度のことは無料でさせてくれることを思うと、ちょっと残念な印象。江崎利一はたしかに商才があり、さまざまなアイデアを持って企業を大きく育ててきたようだが、あまりにも利益追求ばかりが受け継がれている感じがしてしまった。せっかく日曜に工場見学をさせていただけるのなら、もうひと押し、好印象を残す作戦にした方がよいのではないかというのが正直な感想。無料でお土産までもらえて楽しく勉強できる工場見学は、企業の立場に立てば、はるばる消費者に足を運んでもらって、企業や商品をアピールできる貴重な機会なのだから、これを生かす手はないと思う。いま一つ、説明や内容に不足を感じた。森永乳業、サントリー、キューピーなど、と食品系企業の工場見学をした後はいつもそこの商品を買いたがる子どもたちも、今回だけは特に反応なし。日曜見学できるのはスバラシイと思うので、ぜひぜひクオリティーアップを期待したい。


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。